ペニダ島

Angel's Billabong

絶景の島、ペニダ島。

秘境でみられる絶景を目指し、バリ島のサヌールからスピードボートで約40分。
船体に波が打ち付け、窓から見えるしぶきに小さな虹がかかっていました。

ペニダ島の手前にシュノーケリングなどの海のレジャーで人気のある小さな島レンボガン島があります。
レンボガン島のすぐ隣にあるのがペニダ島です。

港から車でホテルまで移動し、絶景ポイントをめぐるペニダ島の西側ルートを予約しました。
翌日10時に、車で出発。

島の北部を除き、道はあまり舗装されていないという前情報でしたが、予想以上のガタガタ道でした。
ヨーロッパからの観光客の中にはバイクを自らレンタルし、陥没している箇所や坂道では降りてバイクを押している人もいました。

このような道のりなので、なかなか人も訪れないのだと期待が高まります。

車に揺られること約1時間
最初の絶景ポイント、エンジェルズ ビラボーン&ブロークンベイに到着です。

Angel's Billabong

天使の泉


見たことのないコバルトブルーの海です。
岩壁にたたきつける高い波が豪快な大きなしぶきとなって砕けていきます。
今の地形になるまでの長い時間と、地球の内部から湧き上がる力強いエネルギーを感じました。

ブロークンベイ

ブロークンベイ


地球が作り出す自然のアート。
広大な海と、自然が織りなす美しい光景に呼応して、自分の心も一体となってどこまでも広がっていくように感じました。

Kelingking Beach

ケリンキンビーチ


島の人の暮らしは決して豊かには見えませんでした。
厳しい日差しの中、大きな籠を頭に乗せて歩く女性の姿が印象に残りました。

道が整備されれば多くの観光客が訪れるようになるでしょう。
不便で現地の人も住まない土地だからこそ、ありのままの姿に触れることが出来ます。

人々の生活の細部までは見えませんでした。

物々交換や互助の生活が成り立つのなら、ここでは経済すら必要ないのではないかと思うくらい自然と一体となったシンプルな生活のように感じました。

文明と言われる世界に住んでいるからこそ、地球に住んでいる間に一度は訪れてみたい島。

ペニダ島の東側にあるという洞窟の寺院、神秘的な雰囲気に魅かれます。

またペニダ島に来る時までのお楽しみです。