御岳山 ロックガーデン

御岳山4.16

2017年4月16日
今年初めての山は東京都青梅市の御岳山!
御岳山はパワースポットとしても有名なのだとか。

3月は毎週末舞台の稽古があったので、4月の登山を楽しみにしていました^^
当日は天気予報通り、朝から良いお天気で上着もいらないくらいの暖かさでした。

夫と一緒に青梅線の御岳駅前のバス停からバスで10分程でケーブルカー乗り場へ。

行きはケーブルカーでスイーっと登ります。
市街地を遠くまで見渡せる展望スペースで軽く準備運動をして出発です!
ストックを使うと足が疲れにくいので、いつもお世話になっています^^

山頂を過ぎて少し下り、お目当ての七代の滝に到着!

苔むした岩肌と繊細ながらも勢いのある清流。
岩壁に滝つぼの水面が反射して柔らかな光が映っていました。
日向の暑いくらいの日差しと滝近くのひんやりとした空気のコントラストをかんじながら、静かにテンションがあがります。

御岳山4.16

しばらく滞在し、もう一つの目的地、綾広の滝へ。
途中に天狗岩という大きな岩がありました。
夫がスイスイと登っていくので、私も!と備え付けの鎖を使いながらよじ登りました。
見た目より怖くなく、ちょっとした達成感を感じつつ、天狗岩を降りました。

お次はロックガーデンという名の大小様々な石が連なる川沿いの道。

眩しいくらいの日差しの中、川のせせらぎを聞きながら歩きます。
川辺で休憩する家族を見て、私たちも少し休憩をすることにしました。
あまりの心地良さに、主人のオカリナを聴きながら、1時間近くも寝てしまいました^^

すっかりリフレッシュして、起きて、ロックガーデンを歩き、綾広の滝でも少し憩いの時間を持ちました。

御岳山は登りやすい山ということで、小さなお子さんを連れた家族連れや仲の良さそうなグループ、海外の方も多くいらっしゃいました。

帰りはケーブルカーに乗らずに杉木立を歌いながら、下山です。

行きにも迎えてくれた御岳山付近のお土産物屋さんに、樹齢推定1000年という大きな樹がありました。
平安時代からそこにあったとされる樹。
時代の変遷をずっと見ていたのだと思い、ふと、1000年という単位も人間の一生も、生きる方からすると、どちらもあっという間なのかもしれないなあという気がしました。

そんな樹に別れを告げながら、ふもとの乗り場でバスに乗り込むと、ちょうど風が吹き、桜吹雪が見送ってくれました。

次々と現れる天然のアスレチックコースの中、自然のエネルギーを全身で浴びることが出来て、大満足の登山でした。

春の日差しの中、小さな木の芽が顔を出し始めていたので、次回は新緑の季節にきたいですね^^